‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

見積もりに含まれる税金はどれぐらいある?

2014/07/02

gf1940270332m自動車の新車を購入する際の見積もりの中には様々な種類の税金が記載されています。国税からは自動車重量税などがあり、地方税からは自動車取得税、自動車税などがあります。
こうした税金は税率や税額などが決まっているため、これから逃れられる方法はほとんどありません。ただし、身体障害者や療育手帳を持っている場合には、自動車取得税や自動車税の身体障害者等免除が受けられる可能性があります。この場合、身体障害者などが持っているその手帳に記載されている障害の個所と該当級の両方が、免除の規定に該当でない場合にはこの免除を受けられません。また、2台以上の車両には適用ができないというルールもありますから、注意が必要です。この2台というルールには軽四も含めての考え方になります。
自動車を走らせるのには一般的にはガソリンがいります。最近では電気自動車なども徐々に普及しつつありますが、大抵の場合にはガソリン車になります。そのため、ガソリンを入れて走行をするわけですが、このガソリン車は無論新車購入時には含まれていませんし、燃費などについてもしっかりとディーラーから聞いて、環境に優しい走りでガソリンをできるだけ節約して節税に努めるなどの努力も必要になります。

新車購入見積書の諸費用の内訳は?

2014/07/02

新車購入時の見積書には大きく分けて2つの項目があります。1つは車両本体価格とそれに付随するオプションパーツなどの費用です。この中には工賃が含まれている場合も多くあります。
もう一つの項目が販売諸費用です。この費用の中には、自動車購入後に必ず行わなければならない陸運局や軽自動車の場合には軽自動車検査協会などへの登録費用が必要となります。
この販売諸費用の中には税金関係も含まれています。国税の消費税、自動車重量税を始め、地方税の自動車取得税、自動車税、軽自動車の場合には軽自動車税などになります。こうした税金も販売には直接は関係がないのですが、この諸費用の中に必ず含まれています。他にも車庫証明の取得であったりあるいは所有者の印鑑登録証明の取得代行を依頼する場合には、行政書士への依頼費用も掛かります。
特に初めて自動車を買う人などはこうした諸費用に目が向かないことが多くあります。そのため、車両本体価格にしか目が行っておらず、諸費用が普通自動車で30万円程度はかかることに気が付かないことがよくあります。そのため、自動車の購入総費用が思った以上にかかることにびっくりする人がいますので、購入前にはしっかりと情報収集をすることが重要となります。
gf1940124373m

新車購入時につけておくと安心なオプション

2014/07/02

新車を購入するとき迷うのはオプションですが、つけておくと安心なものがいくつかあります。まず、フロアマットです。フロアマットは必需品なので別売りではgf1940072417lなく、最初からセット販売していても不思議ではないのですが、ホームセンターなどで格安の汎用品で十分と考える人もいるからでしょうかね。しかし、汎用品はその車のサイズに合っていないので、やはりメーカー純正のフロアマットが良いでしょう。フロアマットがあると掃除も楽ですよ。

また、キーレスエントリーもあるとその便利さを実感します。それほど高価なものではないので、ぜひ購入すると良いでしょう。さらにオーディオ関係も必要ですよね。ナビと一体型でも良いと思います。新車を購入する際につけてもらうと、割引してもらえるのでお勧めです。それからETCも必需品ですね。すべて後付もできますが、一緒につけてもらった方が楽です。

おそらく迷うのは、ドレスアップ関係でしょう。安くあげたい人は必要ありませんが、他の人とは違う個性を出したいという人は、エアロパーツやアルミなどでドレスアップすると見違えるようにかっこよくなります。特に人気の車の場合は、町中に溢れかえっていますので、せめてパーツで差別化を図りたいものです。

新車購入時の必要手続きについて

2014/07/02

新車を購入する際、新規登録に必要な書類は、印鑑証明証、完成検査終了証、新規登録申請書、新規登録手数料納付書、自動車保管場所証明書、自動車重量税納付書、自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税・自動車取得税申告書、リサイクル券、委任状などが必要になります。

 
また、車の所有者と使用者が異なる場合などは住民票が必要になり、所有者が未成年の場合は、親権者または後見人の同意書と親権者または後見人の印鑑証明書が必要になります。

 
自動車ローンなどで購入する場合は、ディーラーや販売店、または金融機関の指定審査書類が別途必要になります。
これらの物を揃え、普通自動車は陸運支局、軽自動車は軽自動車協会に行き、新規登録後にナンバープレートと車検証の発行をしてもらい、各種手続きが終了して納車となります。

 
新車を購入する場合、多くの物を揃える必要がありますが、ほとんどはディーラーや販売店などで揃えてもらえるので、自分で用意する物は、役所で発行する印鑑証明証などで、あとは販売員の指示に従い各申請書などに住所や氏名などの記入と捺印をして、納車を待つだけとなります。

 
また、新車登録作業はディーラーや販売店任せにする人が多いですが、費用を安くするために自分でも行えます。

 

 

 

 

 

新車をお得に購入できる時期がある

2014/07/02

gf1420160078l新車を手に入れようと考えた場合、当然ですが、少しでもお得に購入したいと思うはずです。車は価格変動というものがあり、同じ車であっても、とても高い時期もあれば、とても安くなっている時期もあります。お得に購入したい場合は、そのような時期を見極めて購入した方が良いでしょう。では、お得な時期とはどのような時期でしょうか。
まず、フルモデルチェンジの直前です。欲しい車がフルモデルチェンジされる場合、その少し前の時期には型遅れの車となってしまうので、在庫のものを売ってしまおうとなります。そのため、値引き交渉もしやすいですし、とても安い値段で購入することが出来るのです。また、マイナーチェンジの場合もたまに同じようなことがある場合があります。そのため、欲しい車が決まっている場合は、フルモデルチェンジ、マイナーチェンジの時期をチェックしておくようにしましょう。
また、決算の時期もお得に購入することが出来ます。本決算である3月はとくにお得に購入することが出来ますが、但し、納車が間に合わない場合もあるので、2月程度から交渉を始めておいた方が良いです。また、中間決算である9月も比較的お得に購入することが出来る時期です。

国産車と輸入車はどう違う?

2014/07/02

車の購入を考えた場合、国産車と輸入車はどう違うのか悩んでしまうこともあるはずです。これは中古車であるか、新車であるかによって、異なってきます。
新車の場合は、あまり変わりはありません。しかし、国産の車に比べて、輸入の車の販売店は独自でとても低いレートのローンを打ち出しています。ほとんど金利ゼロに近い状態のものなので、ローンの利用がしやすいです。但し、輸入の車を購入する場合はもしも在庫がない場合、かなり長く待つ可能性があります。

 

 

中古車の場合は、国産の車は色々な中古車販売店で気軽に買うことが出来ますが、輸入の車の場合は正規ディーラー販売店の認定中古車でなければ、安心して買うことは難しくなります。正規ディーラーで販売している認定中古車は、日本用につくられた車であるため故障も少なく、修理もしっかりと行われてあります。しかし、業者が個人が仕入れた輸入の中古車は日本用につくられていないので故障が多い可能性があり、修理も部品が現地にしかなくて大変な費用がかかる場合があるのです。そのため、正規ディーラーの認定中古車の方が安全なのです。
このように、購入の流れはそれぞれ異なってきます。自分にあった購入の方法を選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

 

ディーラーの選び方のポイント

2014/07/02

車を購入する場合は、ディーラーの選び方がとても大切になってきます。交渉している時もですが、契約した後も何度も訪れることになりますし、メンテナンスも利用することになれば、とても長いつきあいになります。良い店を選ぶようにしましょう。

 

 

まず、店構えです。外から中が見える店であるか、明るい感じであるか、ゴミなどが山積みになっていないかなどを確認します。駐車場に車を停めて、誰も営業マンが出てこないような店はやめた方がいいでしょう。熱心な店なら出迎えるはずです。また、当然のことですが、初めての来店なのに、すぐ即決で契約することを強制するような店はダメです。そのような強制が始まったら、すぐに店を出るようにしましょう。

 

試乗の時に夫婦で来ているのに助手席に営業マンが乗り込むような店も、あまり良くはありません。また、試乗の時に説明がほとんどない場合は、車に対しての知識が薄いということです。丁寧に説明をしてくれるか、長く乗らせてくれるかを見るようにしましょう。店のまわりを5分ほど一周して終わりという店もあり、それで即決を迫られたら店を出た方が良いです。

 
良い店の場合は出迎えをしますし、試乗の時に詳しい説明もしてくれますし、その場で即決を求めたりしません。またご連絡下さいと名刺を渡されることがほとんどです。

 

 

 

 

 

ボディタイプの選び方のコツはライフスタイルに合わせること

2014/07/02

gf1120107989w車のボディタイプは、セダン、ワゴン、ハッチバック、ミニバン、クーペ、オープン、SUV、軽自動車に分類され、ライフスタイルに合わせて車を選ぶのが最善の方法です。
セダンは、室内から独立したトランクルームを持ち、前席と後席の計4枚のドアを持った構造で、一般的なボディ形状です。
ワゴンは、セダンをベースに室内とトランクルームをつなげた形状で、荷物が多く積めるのが特徴です。
ハッチバックは、リアのハッチを持った形状で、ワゴンに比べてトランクルームが狭く、3ドアや5ドアがあります。
ミニバンは、室内とトランクルームをつなげた形状で、車高が高く設計されており、3列シートを備えているので多くの人を乗せる事ができます。
クーペは、車高が低く作られている2ドアの形状で、エンジンの出力も高く設定されており、スポーツカーとも呼ばれています。
オープンは、ルーフ部が開閉して解放感が味わえる形状で、メーカーによってコンバーチブル、スパイダー、カブリオレなどと呼ばれています。
SUVは、悪路走破性を高めた車で、最低地上高が高く設計されており、4WDのモデルが主流となっています。
軽自動車は、排気量が660cc以下、全長3400mm以下、全幅1480mm以下のコンパクトな車で、経済的に優しい車です。

新車の購入の流れは?

2014/06/20

gf1120107985w自動車を買い換えるときや新規購入をする際には販売店などで多くの車種を確認して判断していくことが重要です。
ディーラーでは試乗できることも多くなっており、より良い自動車を選んでいくこともできるようになっています。
新車購入の流れとしては購入する車種を選択して販売店にて見積もりを依頼することから始まります。
必要に応じてオプションなどの説明を受けてより良いものを選択していくことも大切となり、整備に関するサービスについても確認をすることも大事です。
販売店によっては定期点検や車検などについて案内をしてもらうことができ、無料であったり特別料金での利用ができることも多くなっています。
新車は納車までに時間がかかることも多くありますが、より良い自動車を選択していくためには追加オプションを検討してしっかりとした説明を受けることも必要となります。
契約の手順に関しては各販売店毎に異なることも多くありますが、納車まで丁寧に対応してもらえるところが多くなっているので、安心して契約を行っていくことができるようになっています。
新車を購入する際には多くの車種を比較していくことも大切なので、販売店の営業マンと相談をして判断をしていくことをおすすめします。