新車購入時の必要手続きについて

新車を購入する際、新規登録に必要な書類は、印鑑証明証、完成検査終了証、新規登録申請書、新規登録手数料納付書、自動車保管場所証明書、自動車重量税納付書、自動車損害賠償責任保険証明書、自動車税・自動車取得税申告書、リサイクル券、委任状などが必要になります。

 
また、車の所有者と使用者が異なる場合などは住民票が必要になり、所有者が未成年の場合は、親権者または後見人の同意書と親権者または後見人の印鑑証明書が必要になります。

 
自動車ローンなどで購入する場合は、ディーラーや販売店、または金融機関の指定審査書類が別途必要になります。
これらの物を揃え、普通自動車は陸運支局、軽自動車は軽自動車協会に行き、新規登録後にナンバープレートと車検証の発行をしてもらい、各種手続きが終了して納車となります。

 
新車を購入する場合、多くの物を揃える必要がありますが、ほとんどはディーラーや販売店などで揃えてもらえるので、自分で用意する物は、役所で発行する印鑑証明証などで、あとは販売員の指示に従い各申請書などに住所や氏名などの記入と捺印をして、納車を待つだけとなります。

 
また、新車登録作業はディーラーや販売店任せにする人が多いですが、費用を安くするために自分でも行えます。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。