国産車と輸入車はどう違う?

車の購入を考えた場合、国産車と輸入車はどう違うのか悩んでしまうこともあるはずです。これは中古車であるか、新車であるかによって、異なってきます。
新車の場合は、あまり変わりはありません。しかし、国産の車に比べて、輸入の車の販売店は独自でとても低いレートのローンを打ち出しています。ほとんど金利ゼロに近い状態のものなので、ローンの利用がしやすいです。但し、輸入の車を購入する場合はもしも在庫がない場合、かなり長く待つ可能性があります。

 

 

中古車の場合は、国産の車は色々な中古車販売店で気軽に買うことが出来ますが、輸入の車の場合は正規ディーラー販売店の認定中古車でなければ、安心して買うことは難しくなります。正規ディーラーで販売している認定中古車は、日本用につくられた車であるため故障も少なく、修理もしっかりと行われてあります。しかし、業者が個人が仕入れた輸入の中古車は日本用につくられていないので故障が多い可能性があり、修理も部品が現地にしかなくて大変な費用がかかる場合があるのです。そのため、正規ディーラーの認定中古車の方が安全なのです。
このように、購入の流れはそれぞれ異なってきます。自分にあった購入の方法を選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。