ボディタイプの選び方のコツはライフスタイルに合わせること

gf1120107989w車のボディタイプは、セダン、ワゴン、ハッチバック、ミニバン、クーペ、オープン、SUV、軽自動車に分類され、ライフスタイルに合わせて車を選ぶのが最善の方法です。
セダンは、室内から独立したトランクルームを持ち、前席と後席の計4枚のドアを持った構造で、一般的なボディ形状です。
ワゴンは、セダンをベースに室内とトランクルームをつなげた形状で、荷物が多く積めるのが特徴です。
ハッチバックは、リアのハッチを持った形状で、ワゴンに比べてトランクルームが狭く、3ドアや5ドアがあります。
ミニバンは、室内とトランクルームをつなげた形状で、車高が高く設計されており、3列シートを備えているので多くの人を乗せる事ができます。
クーペは、車高が低く作られている2ドアの形状で、エンジンの出力も高く設定されており、スポーツカーとも呼ばれています。
オープンは、ルーフ部が開閉して解放感が味わえる形状で、メーカーによってコンバーチブル、スパイダー、カブリオレなどと呼ばれています。
SUVは、悪路走破性を高めた車で、最低地上高が高く設計されており、4WDのモデルが主流となっています。
軽自動車は、排気量が660cc以下、全長3400mm以下、全幅1480mm以下のコンパクトな車で、経済的に優しい車です。

コメントは受け付けていません。