新車購入見積書の諸費用の内訳は?

新車購入時の見積書には大きく分けて2つの項目があります。1つは車両本体価格とそれに付随するオプションパーツなどの費用です。この中には工賃が含まれている場合も多くあります。
もう一つの項目が販売諸費用です。この費用の中には、自動車購入後に必ず行わなければならない陸運局や軽自動車の場合には軽自動車検査協会などへの登録費用が必要となります。
この販売諸費用の中には税金関係も含まれています。国税の消費税、自動車重量税を始め、地方税の自動車取得税、自動車税、軽自動車の場合には軽自動車税などになります。こうした税金も販売には直接は関係がないのですが、この諸費用の中に必ず含まれています。他にも車庫証明の取得であったりあるいは所有者の印鑑登録証明の取得代行を依頼する場合には、行政書士への依頼費用も掛かります。
特に初めて自動車を買う人などはこうした諸費用に目が向かないことが多くあります。そのため、車両本体価格にしか目が行っておらず、諸費用が普通自動車で30万円程度はかかることに気が付かないことがよくあります。そのため、自動車の購入総費用が思った以上にかかることにびっくりする人がいますので、購入前にはしっかりと情報収集をすることが重要となります。
gf1940124373m

コメントは受け付けていません。