見積もりに含まれる税金はどれぐらいある?

gf1940270332m自動車の新車を購入する際の見積もりの中には様々な種類の税金が記載されています。国税からは自動車重量税などがあり、地方税からは自動車取得税、自動車税などがあります。
こうした税金は税率や税額などが決まっているため、これから逃れられる方法はほとんどありません。ただし、身体障害者や療育手帳を持っている場合には、自動車取得税や自動車税の身体障害者等免除が受けられる可能性があります。この場合、身体障害者などが持っているその手帳に記載されている障害の個所と該当級の両方が、免除の規定に該当でない場合にはこの免除を受けられません。また、2台以上の車両には適用ができないというルールもありますから、注意が必要です。この2台というルールには軽四も含めての考え方になります。
自動車を走らせるのには一般的にはガソリンがいります。最近では電気自動車なども徐々に普及しつつありますが、大抵の場合にはガソリン車になります。そのため、ガソリンを入れて走行をするわけですが、このガソリン車は無論新車購入時には含まれていませんし、燃費などについてもしっかりとディーラーから聞いて、環境に優しい走りでガソリンをできるだけ節約して節税に努めるなどの努力も必要になります。

コメントは受け付けていません。